TS6030ドライバーダウンロード. これはインクジェットオールインワンであり、印刷、スキャン、コピーを意味します。これは、ピグメントブラックカートリッジがかなり大きい5インク製品です。つまり、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックに加えて、5つのカートリッジを取得するための2番目のピグメントブラックです。

 

Canon TS6030ドライバー

キヤノン Pixusの TS6030は、小さな下のトレイにA4の紙で35x35x15cmを測定します。フラットベッドスキャナーに物を置くには、上部にもう少しスペースが必要です。後部の腹筋トレイを使用する場合は、上部にもっと多くのスペースが必要になります。出力トレイを完全に伸ばすためにA4用紙を印刷する場合に備えて、さらに12cm程度の余分なスペースがあります。

用紙は、下側のトレイを下に向け、後部のトレイを前に向けて挿入されます。標準の印刷はクレームに近いものですが、これが可能な限り最速のドラフトになることを忘れないでください。これはシャープで黒であり、数年前のプリンターのようにまったく灰色ではありませんが、より良い可能性があります。

私がテストする1つの例は、who幅を使用して3つの異なるフィールドでページごとに43行のテストを行う大規模なデータベースですが、「4つ上」を印刷するため、1つのA4ページに4ページあり、10PPMで実行されます。

したがって、クレームは15PPMですが、通常は10PPM、特に4つ上だと思います。普通紙を使用して通常のA4フチなし写真を印刷するには、約45秒かかりますが、ピンポイントのシャープネスと光沢を得るには、フォトペーパーとベストモードが必要です。これには約100秒かかり、すばらしいことです。PCを接続しなくても、ユニット自体から多くのことができます。たとえば、スマートフォンやタブレットからの印刷。クラウドまたはテンプレートから印刷することもできます。

Pixus TS6030プリンタードライバーのダウンロード

非常に高度なものを含め、多くのコピーオプションがあります。デフォルトのスキャンは.PDFになります。例として、新聞から1ページを取り出し、間隔の狭い印刷列のあるフラットベッドに配置してPCにスキャンすると、元のページと同じように読みやすくなりました。スキャンボタンを押すだけで、以前のようにブリードスルーすることはなく、特別なオプションもありません。これらはすべて利用可能です。

はるかに小さい画像サイズをスキャンして電子メールで送信することもできます。ユニットの前面には33x8cmのフリップアップ領域があり、6.5×4.5cmのTFTディスプレイの両側に明確にマークされた3つの大きなボタンで制御します。ディスプレイには、コピー、スキャン、印刷の3つのオプションが表示されます。いずれかに触れると、選択肢のラフトが表示されます。ディスプレイの下部には、Wi-Fi、ネットワーク、設定、組み込みのヘルプの4つの小さなアイコンがあります。

これはUSBまたはWi-Fiユニットであり、すべてをインストールすると、PCに約1.3GBのハードディスク容量が必要になりますが、DVDにはクイックスタートガイドが付属していますが、それでも後のファイルが利用可能かどうかを確認する必要があります。約800MBは、私のImage Gardenソフトウェアとして優れており、使用するものすべてを完璧に処理します。

 

Canon Pixus TS6330 WH/BKドライバーとソフトウェアのダウンロード

リンクをクリックしてドライバーをダウンロードします

対象OS :
  • macOS Mojave 10.14
  • macOS High Sierra 10.13
  • macOS Sierra v10.12.1以降
  • OS X El Capitan v10.11
  • OS X Yosemite v10.10
  • OS X Mavericks v10.9
  • OS X Mountain Lion v10.8.5
対象OS :
  • macOS Mojave 10.14
  • macOS High Sierra 10.13
  • macOS Sierra v10.12
  • OS X El Capitan v10.11
  • OS X Yosemite v10.10
  • OS X Mavericks v10.9
  • OS X Mountain Lion v10.8.5
対象OS :
  • Windows 10 (32bit版)
  • Windows 10 (64bit版)
  • Windows 8.1 (32bit版)
  • Windows 8.1 (64bit版)
  • Windows 8 (32bit版)
  • Windows 8 (64bit版)
  • Windows 7 SP1以降 (32bit版)
  • Windows 7 SP1以降 (64bit版)
  • Windows Vista SP2以降 (32bit版)
  • Windows Vista SP2以降 (64bit版)
上記以前のSP (サービスパック)をご使用のお客さまは SP をバージョンアップいただくことでご利用いただけます。