キヤノンPixus TS8230ドライバーのダウンロード. 6インク印刷システムの明らかな複雑さにもかかわらず、TS8230は高速であることが証明されています。キヤノンは、モノラル印刷で15ページ/分(ppm)、カラーで10ppmの速度を見積もっていますが、4×6インチのはがき印刷には約17秒かかります。私たちのテストは、実際にはプレーンテキストドキュメントでは13ppm、さまざまなテキストおよびグラフィックファイルでは8ppm、光沢のある写真プリントでは20秒で行われたため、TS8230は確実にあなたが投げる可能性のある量の作業を処理できます。それ。

 

Canon TS8230ドライバー

ご想像のとおり、余分なインクは本当に印象的な品質を生み出します。私たちの写真プリントは明るく大胆でしたが、肌の色合いにも滑らかに段階的な色を取り込むことができました。テキストの品質も鮮明でシャープなので、TS8230は通常のテキストドキュメントを処理できるだけでなく、高品質の写真やグラフィックスも処理できます。

TS8230で6つのインクを使用すると、交換用カートリッジの購入に費用がかかるのではないかと心配していました。案の定、6つの個別のカートリッジをそれぞれ個別に購入すると、コストがすぐに上昇する可能性があります。

幸いなことに、キヤノンは5つの主要なカラーインクを含む多数のマルチパックを販売しており、これは写真とカラー印刷の全体的なランニングコストを大幅に削減するのに役立ちます。6番目のインク(着色された黒インク)を別途購入する必要がありますが、テキストの印刷にのみ使用され、色付きのインクとは異なるレートでなくなるため、これは理にかなっています。

(マルチパックの範囲は当惑する可能性があることに注意してください。6インクパックと、ピグメントブラックを含みフォトブルーを含まない5インクパックも表示されます。シアン-マゼンタ-イエロー-ブラック-フォト-青の組み合わせが最も理にかなっています。)

キヤノンは、標準、XL、XXLの3つの異なるサイズの5インクマルチパックを販売しています。オンラインで買い物をすると、それぞれ約44.45ポンド、58.45ポンド、84.95ポンドで購入できます。これは、5つのインクのそれぞれが異なるページ数で持続するため、状況が少し複雑になるところですが、Excelの数の計算のスポットにより、最終的に、それぞれを使用したカラー印刷の一般的なページあたりのコストを計算できました。マルチパック。

標準のマルチパックは、カラー印刷の場合、1ページあたり13p弱で動作します。これは、通常の4色プリンターでは少し急勾配ですが、このような特殊なプリンターではほぼ許容範囲です。また、XLマルチパックにステップアップすると、そのコストは1ページあたり約7.8pに下がり、はるかに競争力があります。XXLマルチパックは、その価格からほぼもう1ペニーを削減し、1ページあたり7pをわずかに下回る価格で提供されます。これは、TS8230の高品質の写真出力に適した価格です。

 

Pixus TS8230ドライバー

ただし、ほとんどのインクジェットプリンタと同様に、TS8230のテールにはまだ注意が必要な刺し傷があります。この場合、それは実際にはかなり高価であることが証明されている単純なモノラルテキストです。

繰り返しになりますが、ピグメントブラックインクには3つのサイズがあり、価格は11.49ポンド(標準)、15.49ポンド(XL)、21.49ポンド(XXL)で、それぞれ200ページ、400ページ、600ページです。これらの価格は、標準カートリッジを使用すると1ページあたり5.7pと高額になります。これは非常に高価であり、お勧めするのは困難です。

より大きなカートリッジはコストを削減するのに役立ちます。XLカートリッジは1ページあたり3.9pで動作し、XXLカートリッジは1ページあたり3.6pまでわずかに低下します。XLおよびXXLカートリッジの価格はまだ平均を少し上回っていますが、写真やカラードキュメントの印刷にTS8230を使用し、たまに文字やその他のテキストドキュメントを使用することがわかっている場合は、ほぼ許容範囲内です。

手紙やその他の日常的な文書用の低コストのプリンタが必要な場合は、TS8230は最良の選択ではありません。しかし、高品質の写真やその他のカラーグラフィックを印刷したい熱心な写真家、アーティスト、またはデザイナーであれば、TS8230がまさにあなたが探しているものになります。

 

Canon Pixus TS8230ドライバーとソフトウェアのダウンロード

リンクをクリックしてドライバーをダウンロードします

対象OS
Windows 10 (32bit版)
Windows 10 (64bit版)
Windows 8.1 (32bit版)
Windows 8.1 (64bit版)
Windows 7 SP1以降 (32bit版)
Windows 7 SP1以降 (64bit版)
上記以前のSP (サービスパック)をご使用のお客さまは SP をバージョンアップいただくことでご利用いただけます。